あるについて

あるの成り立ち

1997年12月に、自宅出産や助産院出産など自分らしいお産をしたい女たちが集まり立ち上げた、営利を目的としないボランティア団体「私らしいお産を考える会」が、24年を経て「一般社団法人ある」になりました。

沿革
1)お産体験を聞く・語る・分かち合う・学び合うための「お産の会定例会」、2)こどもとおとなのための性・生教育として「いのちの教室」、そして3)悲しいお産になったとき…グリーフワークの場として「流産・死産(誕生死)の体験者の集い」を開催し、〈おとなとこどもの自己肯定感をはぐくむ〉という思いで活動を重ねてきました。
そして2020年12月、さらなる社会課題へ対応するために法人化する運びとなりました。
赤ちゃんをこの手に抱いた時のうれしさを忘れない、その人のあるがままを、受け入れたい… そんな願いを込めて、法人名を「ある」と名付けました。


事業内容

10代ママくらぶ
活動を継続して12年目となります。2020年には「りゅうちゃん子どもの希望募金助成事業」、2021年には「WAM助成(社会福祉振興助成事業)*制度の狭間に対する、民間福祉活動を応援し社会課題の解決の仕組みをつくる*、に採択されました。2022年も「りゅうちゃん子どもの希望募金助成事業」「新型コロナウィルス感染症対応市民活動チャレンジ助成事業」より助成を受け、引き続きコロナ禍の厳しい状況を社会で支える支援にも取り組みます。

性教育 いのちの教室
活動開始から23年目を迎えました。”わたしのからだはわたしもの”という人権を軸に
こどもとおとなのための包括的性(生)教育として、出前講座を行なっています。

2022年は、内閣府「沖縄子供の貧困緊急対策事業(女性の避妊に係る相談支援事業)に採択され、7月より沖縄県全域(離島含む)の若年層の女性を対象とした避妊相談・避妊リングの補助等に取り組んでいます。個人はもちろん、学校や行政、関係機関等お気軽にご連絡ください(080-1703-9738 まで)

グリーフワーク
活動を継続して19年目となりました。「誕生死当事者と家族の分かち合いの集い」として、2か月に1回 体験者同士の「わかちあいの集い」の他、個人の状況・ご都合に合わせた個別面談を行なっています。その他、オリジナルで作成した、当事者であるお母さんとご家族、周りの方へ向けた冊子を発行しています。

シェアハウスあるところ
2020年から開所し、2年目を迎えます。

指定障害福祉サービス事業所
共同生活援助
介護サービス 包括型:定員4人
短期入所 空床型:定員1人

障がいのある方と若者たち、そして赤ちゃんが育ち合う居場所をめざすシェアハウスです。


定款

当法人の定款につきましては、こちらのPDFをご参照ください。


報告書

2022年1月発行の報告書です。こちらのPDFをご参照ください。


連携団体・連携機関

NPO法人にじのはしファンド

母乳育児相談室”春”

一般社団法人虹のまほろ場
助産院パピヨン  
アフターケア相談室 にじのしずく

kukuruきっずくりにっく

NPO法人沖縄県自立援助センターちゅらゆい

しののめケアハウス

沖縄県”人間と性”教育研究協議会

真喜屋法律事務所

さよウィメンズ・メンタルクリニック

南上原こころの発達クリニック   

㈱レキオスホールディングス

ゆいクリニック

保育すけっとイン那覇

若年シングルマザーを応援するシェルター(通称おにわ)

訪問看護ステーション えん

オハナース浦添訪問看護ステーション

沖縄県立中部病院(産婦人科)

しゆり助産院・しゆり鍼灸マッサージサロン

星の光のファミリー

豊見城市ファミリーサポートセンター

那覇市ファミリーサポートセンター

浦添市ファミリーサポートセンター

沖縄若年妊産婦の居場所「ゆくるん」

若年妊産婦事業 ママ笑room

coco MAMARU

一般社団法人「おきなわ子ども未来ネットワーク」

マザーズスクエアゆいはぁと 中部

しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄

   

   他団体(準備中)


お問い合わせ

一般社団法人ある
住所:〒901-2104 浦添市当山2-5-6-301
電話:080-1703-9738
 mail:aru030303gmail.com